iPhone 6Sの名称を変更するように求める米広告代理店「6S Marketing」

iPhone 6Sに便乗したマーケティング

ちょっと面白いマーケティングを行った企業をご紹介します。

その面白いマーケティングを行った企業は、ニューヨークにる「6S Marketing」

Appleが、米国時間9月9日にイベントを開催し、「iPhone」シリーズの次期モデルをはじめとする製品を発表する予定ですが、その次期モデル「iPhone 6S」に対し、土壇場で名前の変更を願い出ています。

「6S Marketing」は、ニューヨーク市のタイムズスクエアに広告を出し、5番街にあるApple Store旗艦店のガラスキューブの前に広告宣伝車を駐車させ、短いメッセージを掲げたそうです。

Appleにお願い。(新モデルの)名前は『iPhone 7』にして欲しい。6S Marketingより
Please call it the iPhone 7

もちろん、これは、「6S Marketing」が、本気で、Appleに次期iPhoneの名称を変更することを求めているわけではありません。

自社の名前「6S Marketing」を世間に知ってもらうことが狙いです。

自社の名前「6S Marketing」を宣伝するキャンペーンとしては、Appleの「iPhone 6S」に便乗しているとはいえ、かなり面白い手法ではないでしょうか?

しかし、米国内の大手ニュースメディアでは取り上げられておらず、宣伝キャンペーンとして成功しているかどうかは微妙だそうです。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料