商売にとって集客は命。ホームページは集客ツール

当たり前のことを実践していない

お客様にサービスを購入してもらわなければ、利益になりません。

そして、利益にならなければ、会社は倒産します。

どんなに良いサービスでも、どんな良い商品でも購入してくれる人がいなければ、収益はゼロです。

そのサービスや商品ことをお客様が知らなければ購入にはいたりません。

当たり前のことですね。

しかし、一見当たり前のように思えても、このことを実践していないことに気づきます。

それは、集客ができていないということです。

そして、集客方法が間違っているということです。

商売にとって集客は基本であり、命です。

それでは、今回は集客について考えてみましょう。

集客するには目標を明確にする

集客するうえで、考えなければならないのが目標です。

私がコンサルティングをしている時に、必ずお客様に尋ねる質問があります。

その質問は、

1か月の集客はどのくらいを考えていますか?
1か月の集客はどのくらい必要ですか?

です。

この質問に、お客様は、

たくさんです
できるだけ多く

など答えたりします。

たしかに、できるだけ多く集客できれば、それほど嬉しいことはありませんが、これでは、あまりにも漠然としていて目標を考えていない状態です。

ここで、

10人
100人

と答えられるお客様は、ちゃんと目標に向かって集客ができ、計算して商売ができる人だと思っています。

なぜなら、取り扱っている商品やサービスの価格、経費などによって集客する人数が変わってくるからです。

また、5人集客する方法と50人集客する方法では、集客方法も変わってくるからです。

例えば、5人の集客で良い商売であれば、それほど営業しなくても口コミだけでも、なんとかなる場合があります。

しかし、50人、100人の集客を考えているのであれば、広告などの宣伝が必要になってきます。

集客の目標値によって集客の仕組みが変わるということです。

まずは、きちんとした集客の目標値を決め、その目的にあったターゲットを設定し、集客の仕組みを作ることが重要です。

目標を定め、その目標にあった集客の仕組みができてくると、どんどんお客様が集まってくるようになり、利益が生まれてきます。

集客をするためには投資をする

集客の目標値が決定したら、その目標値にむけ投資する必要があります。

中小企業の経営者の方々は、

投資をしない
投資を考えていない

人が多くいます。

待っていれば、お客様が来るという考えです。

うちのサービスは、とても良いサービスだから、待っていれば必ず、お客様が来る

という姿勢です。

冒頭でも述べたように、どんなに良いサービスでも、どんな良い商品でも、お客様がそのサービスや商品を知らなければ購入にはいたりません。

ホームページをとりあえず作っただけ
フリーダイヤル回線を引いただけ

これでは、何も営業になっておらず、誰もそのサービスや商品のことを知らずにじまいです。

コストをかけて宣伝し、集客するという姿勢がとても大切です。

ホームページで集客するために

さて、集客するためには目標と投資が大切ということをご説明しましたが、2000年に入り、とても重要になっった集客ツールがホームページです。

今やホームページは会社の顔、名刺代わりではなく、集客ツールになっています。

そのホームページで集客するためには、リスティング広告が手っ取り早い集客方法となっています。

以前にリスティング広告を掲載したけど集客ができなかったという方もいらっしゃるかと思います。

それは、ただ、効率の良い掲載方法ではなかったのではないでしょか?

効率よくリスティング広告を運用するためには、分析が必要です。

目的に合ったターゲット設定
配信時間
キーワード設定
広告グループ設計
広告文

など様々な設定が必要になってきます。

また、

アクセス解析のログデータ
キーワードと広告のクリック率(過去の実績も含む)
同一広告グループ内のキーワードと広告のクリック率
アカウント内全てのキーワードと広告のクリック率
リンク先ページの品質
リンク先ページとキーワードの関連性
キーワードと広告グループ内の広告との関連性
広告が表示される地域でのアカウントの掲載結果
その他の関連性に関する要素
同一キーワードなどで広告を出稿している他社の広告との相対比較

など分析が必要です。

キーワードを広告のタイトルに入れることや除外キーワードを設定するなどの簡単事項は自分でもできるかもしれんませんが、分析をしながら効率の良い掲載方法を見つけるのはなかなか難しいものです。

また、広告からのクリック率がよくなったとしても、ホームページの内容が訪問者のニーズにマッチしていなければ、集客、成約には至りません。

内容を分析し、ホームページを修正する必要がでてきます。

何よりも重要なのは、現状把握です。

現状把握することで、問題点が浮き彫りになってきます。

分析するのに、もし現状ノウハウがなければ、最初は、専門家に任せながらノウハウを蓄積し、集客できるようになり、安定してきたら、自社運用に切り替えるということも考えてもいいかもしれません。

リスティング広告は、投資です。

リスティング広告の出稿は、集客のスタートです。

ホームページ集客するためには、リスティング広告掲載することで、その後に得られる利益に大きな差がでてきます。

そして大切なことは、広告費に対する収益を常に意識しておくことです。

商売にとって集客は基本

どんなに良いサービスでも、どんな良い商品でも購入してくれる人がいなければ、収益はゼロです。

そのサービスや商品ことをお客様が知らなければ購入にはいたりません。

当たり前のことです。

商売にとって集客は基本であり、命です。

目標を明確にし、その目標に向かって投資をし集客できるようにしてみてください。

今後の参考になれば幸いです。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。

また、真剣にホームページで顧客集客したい中小企業の経営者を応援します。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料