SEO対策は、質の高いコンテンツとキーワードを考える

ユーザが求めているキーワード設計

SEO対策をするうえで、外部リンクによるSEOで成功するのが難しくなっているなか、検索エンジンで、上位表示させるには、内部SEOをどこまでできるか、ウェブサイト構築時にいかにSEOを組み込んでいけるかということが、非常に重要になってきます。

最初に考えなければならいのは、ウェブサイトをどのようなキーワードで検索にかけるかということでしょう。

キーワードを考えるときに役立つツールに、「Google AdWords キーワード プランナー」などがありますが、自分のビジネスに関わるユーザを思い浮かべ、ユーザがどのようなキーワードで検索するのかを考えなければなりません。

少数の人が何度も検索するキーワード
多くの人が一回ぐらいしか検索しないキーワード
検索キーワード自体が存在しないキーワード

など。

競争率の高いキーワードだとなかなか上位表示はされませんが、ニッチなキーワードで競合性の薄い場所で勝負していくロングテールなどで勝負していくのも一つの手をなります。

そして、キーワードを選定した後は、そのキーワードにあったコンテンツの設計が必要です。

キーワードにあったテキストコンテンツの入れ方を考える

検索エンジンは基本的にどういった内容のテキストがそのページ内に含まれているかでウェブサイトの情報を判定しています。

しかし、ただ数多くのコンテンツを公開しただけでは意味がありません。

公開したコンテンツがどれだけ、ユーザが求めているかによって順位が変わってきます。

程よい長さで、ユーザがわかりやすく求めているテキストコンテンツが必要になってきます。

コンテンツは、質の高い読みやすい設計にする

コンテンツの量をある程度増やしながら、ユーザに読んでもらえるようにするには、適切な文章量で段落をうまく使い、重要なキーワードを盛り込みながら書く必要があります。

しかし、必要以上に同じキーワードを乱雑すると、最悪スパムになったりグーグルからペナルティーを受けることがあります。

質の高いコンテンツとは、

検索キーワードとユーザの求めている情報の相性
質の高い文章
検索エンジンが分かりやすくタグ設計
小見出しなどの設計

などです。

こうしたページを10ページ、50ページ、100ページ、と増やしていくことで、コンテンツが集客ページになり、SEO対策になってきます。

目標を達成するために、質の良いSEO対策をしてみてくだい。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料