ホームページで集客するには、インバウンド?アウトバウンド?

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティング

ホームページで集客、マーケティングを行うには、大きく分けると「インバウンドマーケティング」と「アウトバウンドマーケティング」の2つに分類することができます。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングを比較して、どちらが良いかということは、一概に言えません。

目的やターゲットなどによって2つをうまく使い分けることでが重要になってきます。

それでは、今回は、インバウンドマーケティング」と「アウトバウンドマーケティング」について考えてみましょう。

インバウンドマーケティング

ウェブサイトにおけるインバウンドマーケティングとは、

ブログ
ソーシャルメディア
PPC広告
SEO

など、検索エンジンやソーシャルメディアを用いて情報を配信し、ターゲットの能動的な行動を引き出す」行動。

つまり、見つけてもらうことを前提にしたマーケティングとなります。

アウトバウンドマーケティング

ウェブサイトにおけるアウトバウンドマーケティングとは、

テレビ
メールマガジン
雑誌
新聞

など自分から情報を探しにきたわけではない人たちに対して「買ってもらうためのアプローチ」行動。

つまり、こちらから一方的にアプローチするマーケティングとなります。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティング特徴

インバウンドマーケティングは、情報に価値を伝えるため、直接、成約につながることは少ないですが、継続的に情報を発信し続けることで、ウェブサイト上に、情報が蓄積され、SEOに有用になってきます。

費用も自分から配信するためかかりません。

時間がかかりますが、ユーザーとの間に信頼関係を築くことができるマーケティングです。

成約までに複数の人が関わるBtoBや、繰り返し購入し続ける商品、金額の大きい商品などとは相性が良いと言えるでしょう。

アウトバウンドマーケティングは、ダイレクトに商品やサービスの存在や長所をアピールするため、成約につながる確率は多いですが、効果があるのは出稿期間のみで、しかも費用が高額にかかってしまうケースがあります。

購入までにそれほど時間をかけることのない価格の比較的安い商品や、競合が多い場合に適しています。

いまは、インバウンドマーケティングの時代

いまは、インバウンドマーケティングの時代とも言われています。

インバウンドマーケティングに取り組み、成功している企業がたくさんあります。

しかし、インバウンドマーケティンは、コンテンツ考え、制作しなければならないため、ハードルが高いかもしれません。

ネタ探しなど・・。

しかしながら、効果は絶大です。

継続的に「ユーザーが求める」コンテンツを発信ができ、半年間成果が出るまで我慢できる企業はぜひ挑戦してみてください。

インバウンドマーケティンの種間まきが後々、成功に導いてくれます。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料