ユーザ視点やユーザ目線の意味を勘違い

ユーザの立場になること

ウェブサイトで顧客集客をするためには、文章やキャッチフレーズが重要になってきます。

効果やあなたの立場でただ書いただけでは、あなたの思いはユーザには届きません。

ユーザの立場になることが重要になってきます。

以前の記事でも「ウェブサイトを制作する前にユーザビリティを考えて見る」「ユーザ中心のウェブサイト設計が重要」などでご紹介しましたが、ユーザを中心に物事を考え、設計やデザインすることが大事になってきます。

しかし、ユーザ視点やユーザ目線の意味を勘違いしてしまうこともあります。

今回は、ユーザの立場になることについてご紹介します。

お節介やきの上司や親が、良かれと思いあれこれ言う人は・・・

ユーザ視点やユーザ目線の勘違いでよくあることは、ユーザのために考えてしまうことです。

ユーザのために良かれと考えるのでなく、ユーザの立場になって物事を考えることが大切になってきます。

良くお節介やきな上司や親などが、良かれと思いあれこれ言う人がいますよね。

これも相手の立場ではなく、相手のために良かれと思い、言っているケースがあるのではないのでしょうか?

ユーザの立場とは、ユーザの環境や場所、現状を把握したうえで考えることです。

この考えを見つけだすにはやはり、「ペルソナ」や「コミュニケーションデザイン」が役立つとおもいます。

ユーザの立場を細かく設定し、文章やキャッチフレーズを書くことで、ターゲットにあったユーザにあなたの思いが届くようになります。

例えば、「ペルソナ」で、

「お部屋に友達を呼んで、綺麗なった部屋を見てもらったり、友達に注目されたりしたい」

と考えているユーザを設定します。

そのユーザに

「この家具に変えれば、お部屋がおしゃれに!」

というキャッチフレーズで訴求したとします。

確かにおしゃれになるというユーザ目線をクリアしているかもしれませんが、これでは商品の効果だけがうたわれており、ユーザの立場にたっていない文章です。

この文章をユーザの立場に立って考えてみると、

「この家具でお部屋がおしゃれに!おしゃれになったお部屋で、お友達とティータイムやパーティーを一緒に楽しみませんか?」

と変えるといかがでしょうか。

この家具を購入することで、どんなことになるのかをイメージできるのはないでしょうか。

これが、ユーザの立場、ユーザ視点やユーザ目線になるといくことです。

まずは、ユーザの気持ちになって、ユーザが効果の先に何を求めているのかを、「ペルソナ」や「コミュニケーションデザイン」でリサーチしてみることです。

ユーザの立場になった文章を制作して集客アップを目指してください。

Mousaiは、資格をもったウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料