webサイトのリニューアル前にコンテンツの見直しを。ビジネスブログでコンテンツマーケティング

webサイトの見直し

現状のwebサイトをリニューアルしたいと考えている方もいるかとも思います。

しかし、webサイトをリニューアルをしたからと言って、すぐにwebサイトから集客できるものではありません。

まずは、何のためにリニューアルをするのかを考える必要があります。

ただリニューアルをしてもサイト上の問題点の解決にはならないからです。

それでは、問題点の解決にはどうしたらよいのか考えてみましょう。

webサイトから成約が取れない理由

webサイトから成約が取れない理由の多くは、自社の商品やサービスの説明がメインになっているケースです。

これでは、カタログと同じようなサイトになるため、成約は難しくなります。

近年、ユーザ-は、自分自身でネットや口コミを検索し、情報を集めています。

ユーザーは何かを購入する前に、たくさんの情報を集めています。

ある調査によると、情報収集の段階で10件以上のサイトから情報を収集しているというデータも出てきています。

このようなことから、ユーザーを見込み客にするためには、コンテンツを見直し、強化する必要があリます。

リニューアルを考えている場合は、デザインの改善よりも先に、コンテンツの強化を考えることで、成約に結びついていきます。

コンテンツの強化

全面的なサイトのリニューアルにお金を使用するよりもコンテンツ制作にお金を使用したほうが効果的な場合があります。

ビジネスブログを立ち上げ、良質なコンテンツを量産することで、見込み客を増やすことができるからです。

いわゆるコンテンツマーケティングというものです。

webマーケティングにおいて、このコンテンツマーケティングが主流になってきています。

ビジネスブログで情報を発信し、facebookやtwitter、LineなどSNSと連携し、告知を行うことで、顧客獲得に有効だと言われています。

また、各SNSを有効に活用することで、webサイトと相乗効果を生み出し、より多くの見込み客の取得に効果があリます。

情報価値の高いコンテンツを継続的に発信することで、競合他社との差別化を図ることができるようになります。

実は大変なコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングを行うには、とても大変な作業になってきます。

自分自身でコンテンツを考え、編集し制作する。その後は、データを取り、効果測定をするなど・・

もちろん、自社のサービスの専門知識も必要で、また、ノウハウも必要です。

運営にも時間や人手がかかります。

外部のライターを雇ってwebサイトリニューアル費をコンテンツに費やすのもいいでしょう。

webサイトリニューアルに高額な費用をかけるより、見込み客を集客するには効果的です。

しかし、おすすめなのは、極力、内部でコンテンツ制作をすることです。

とても大変なことはわかりますが、内部の人間ほど、自社の強みやサービスの特徴、そして、顧客への訴求ポイントを理解しているからです。

実践は大変ですが、それでも取り組むことで、その努力がユーザーへの信頼性を与え、成約に結びついていきます。

コンテンツマーケティングは長期的に

コンテンツマーケティングは、すぐに効果が出るものではありません。

コンテンツマーケティングで、成果を出している企業は、継続的に長期施策を続けている企業です。

最低でも6か月、1年~3年、努力をして続けることです。

その間、まったく効果がないものでもありません。

ユーザ数が増加したり、SNSでシェアされたり、何らかの手ごたえが出てくるはずです。

すぐに成約されることを期待せずに、途中段階の目標を設定し、長期的に取り組むことをお勧めします。

コンテンツマーケティングは、中小企業のほうが有利

コンテンツマーケティングは、中小企業のほうが有利とも言われています。

コンテンツを活用して、ユーザーの疑問や問題点に丁寧に対応することで、ユーザーはその企業に好感を抱くようになり、信頼性が生まれてきます。

これには、小回りが利く、中小企業が有利になリます。

中小企業では、経営者や責任者が直接対応することができ、その思いがユーザーに伝わるからです。

もちろん、社員全員がコンテンツ配信ができるようになると、より効果的です。

webサイトに、ビジネスブログを構築し、コンテンツを配信してみてはいかがでしょうか?

今後の参考になれば幸いです。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料