コンテンツマーケティングで顧客をファンにさせる

コンテンツマーケティングとは

最近のウェブマーケティングの中で、主流になっている手法に、「コンテンツマーケティング」という方法があります。

「コンテンツマーケティング」とは、昔からある手法をウェブサイトに取り入れた手法で、顧客が必要とする情報を適切なコンテンツとして提供することで、購買につながる方法です。

ビジネスブログ」なども「コンテンツマーケティング」の一部になります。

ビジネスブログ」も情報発信し、顧客との良い関係をつくるのが目的です。

コンテンツマーケティングの特徴

「コンテンツマーケティング」の特徴は、

ブランドの認知、ファンの育成
顧客の疑問点の対応
顧客との共有
企業情報の告知
店頭への送客
リピート促進
対策キーワードの拡大
評価の向上

などがあります。

企業や商品、目的などによって、コンテンツマーケティングの最適な方法は異なります。

よって、コンテンツマーケティングを成功させるためには、「どんなコンテンツをどう作るか」を分析する必要があリます。

コンテンツを分析するには

コンテンツマーケティングで何を書いていいのか分析をするには、顧客へのヒアリングが良いと思います。

既存の顧客が抱えている悩みや疑問などをヒアリングし、その解決策をコンテンツとして掲載することで、顧客の疑問点の対応、顧客との共有などができるようになります。

顧客が抱えている悩みや疑問の解決策として、例えば、

あなたが病気で病院に通っていたとします。

しかし、その病院では良いアドバイスをもらうことができず、セカンドピニオンでほかの病院に行くことにしました。

そこの病院では、あなたの病気の悩みにも親切・的確にアドバイスしてくれるお医者さんいました。

説明もとても分かりやすく、あなたの話も真剣に聞いてくれるので、その病院に通ているうちに信頼するようになりました。

そして、ついには、そのお医者さんが進める治療器具を購入するようになりました。

上記は、顧客が抱えている悩みや疑問に対して親切にアドバイスをすることで信頼関係が生まれ、ビジネスが成立した例です。

これと同じように顧客が抱えている悩みや疑問をヒアリングし、そのアドバイスや解決さを掲載することでサイト訪問者との間に信頼関係が生まれ、成功へと導いてくれるようになります。

コンテンツの書き方

コンテンツマーケティングで文章を書くときには、最初から強い売りを出してはいけません。

まず、見込み客を作り、その見込み客に自発的にその商品は良いものだと思ってもらえることがベストだからです。

自分で商品を購入するときのことを考えるとわかりますが、広告の押し売りで、衝動的に商品を購入するのと、自発的に商品を購入したのとでは、自発的に商品を購入した時の方がその商品に対して愛着がわき、納得してその商品を購入しているのではないのでしょうか?

また、その商品のことをとても気に入れば、誰かに進めるのではないでしょうか?

これによって口コミも生まれてきます。

コンテンツの書くときは、最初から強い売りを出さずに、まずは、商品のファンになってもらうことを意識して見込み客を作ってください。

ビジネスゴールも忘れずに

成果を生むコンテンツマーケティングするためには、ビジネスゴールをしっかり決めておくことも重要です。

ビジネスゴールをしっかり決めておけば、マーケティングをどのようにすればいいいのかがおのずと導き出されていきます。

ビジネスゴールを決めるには、以前にご紹介した「KPI

また、顧客ターゲットを決めるには、以前にご紹介した「ペルソナ

もうまく活用してください。

広告とは違い、コンテンツを書く難しさもありますが、たくさん書いていくうちに、おもしろさもでてきます。

さっそく「コンテンツマーケティング」取り組んでみてはいかがでしょうか?

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料