ホームページで集客するためには営業視点で見つめなおす

ホームページで集客するポイント

ホームページで集客できない原因に、アクセス数が少ない、ユーザーの必要な情報が少なく、直帰や離脱をしているなどの原因があります。

ホームページで集客できない原因は、このほかにも多々ありますが、原因を探るためには、やはり営業視点で見つめなおすことと、アクセス解析ツールなどを使い、ホームぺージを解析するこ必要があリます。

また、ホームページ制作をする前に、ホームページのゴール(目標)を定めているかで違いが出てきます。

ホームページのゴール目標を決める

現在は、簡単にホームページを制作できる時代になりました。

しかし、ただ制作しただけのホームページでは意味がありません。

まずは、ホームページの到達目標を、明確にしましょう。

例えば、

ホームページからお問い合わせが付き30件
ECサイトでの月の売り上げが100万円

などです。

目標を持つことで、そのホームページの成功か失敗かを判断することができるようになり、改善に役立っていきます。

ホームページで集客するために

ホームページで集客するためには、ホームページを優秀な営業マンに育てる必要があります。

まずは、「営業」の視点でホームページをチェックしてみましょう。

そのためには、まず、ホームページでも営業できているか、文章を読み直してみましょう。

説明がちゃんと伝わる内容か?
メリットが書かれているか?

ホームページという営業マンから商品やサービスを買いたいと思う内容になっているかをチェックしてみてください。

お客様の役に立つ情報が掲載されている必要があります。

また、お問い合わせ方法の確認もしてみましょう。

連絡先がきちんと書かれていないと、お客様がせっかく興味を持っても、お問い合わせのしようがありません。

お問い合わせフォームのほか、電話番号も忘れずに掲載しておきましょう。

電話番号の記載を追加しただけで、売上が伸びたという例もあります。

アクセス解析データから施策を考える

営業の視点でホームページをチェックした後は、アクセス解析データから施策を考える必要があります。

アクセス解析データから

直帰率の高いページ
お問い合わせへ誘導できていないページ
ユーザーの回遊経路

など実際のユーザーのホームページの利用状況が数値でわかります。

その数値の結果を見て、仮設、施策を立て、ホームページを修正する。

そして、次の月にはその施策で、本当に状況が改善されたか確かめます。

それでも、効果がなければ次の施策を考え、また実行する。

いわゆる「PDCA(Plan⇒Do⇒Check⇒Action)」サイクルを回しながら、ホームページを改善していきます。

この繰り返しで集客できるホームページに変わっていきます。

リスティング広告も考える

制作したばかりのホームページでは、なかなか検索エンジンにはかかりません。

検索エンジンにはかからないということは、アクセス数が伸びないということです。

検索エンジンで検索されるようになるまでは、リスティング広告を掲載することをお勧めします。

ホームページ公開当初は、リスティング広告に費用をかけて、広告枠にWebサイトが表示されるようにし、順位が上がってきたらリスティング広告のほうをとめるという手段をとるのも早くから集客するポイントになってきます。

ホームページで集客するには、

営業するホームページの作成
アクセス解析によるデータ解析
リスティング広告

などを考えてみてください。

是非、参考にしてみてください。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料