ホームページはリピートで顧客集客をする

小さな会社のリピート戦術

よく言われることですが、個人経営や中小企業が大手企業に立ち向かおうとしてもそう簡単に勝てるものではありません。

圧倒的な資金力の差が出てしまいます。

個人経営や中小企業が顧客集客を伸ばすためには、やはり、リピーターを増やすことです。

今回は、リピート集客についてご紹介します。

リピート集客

リピート集客をするためには、下記のような考え方が必要となります。

例えば、

営業年数半年
今までの顧客 100人
現在の顧客 20人

だとします。

ここで注目をしなければならないのが、

現在の顧客以外の80人がどこへ消えて行ってしまったのか?

ということです。

このような考え方からリピート率を把握することから始めなければなりません。

次に大切なのがリピートの理由です。

もちろん、リピートの理由はお客様しかわかりません。

リピートの理由を集めるためには、アンケートなどし、お客様の声を集める必要があります。

アンケートの中に、評価や来店の決めてなどを聞くことで、効果的な販促を仕掛けることができようになります。

ホームページでのリピート集客

実店舗でのリピート集客は、お客様が、その店に行きたくなったときに、それほどトラブルなく来店することが可能です。

大体のお客様がそのお店の場所を覚えていてくれるからです。

しかし、ホームページとなると、そうはいきません。

よほどのリピーターではない限り、ホームページのURLを覚えているユーザーやブックマークをしてくれるユーザはいません。

そのため、ホームページでは、再度アクセスしてもらう仕組みを作る必要があります。

ホームページの場合、商品を購入してくれるユーザーのほとんどは、一度のアクセスで、購入に至っていません。

一度ホームページにアクセスした後、ほかのウェブサイトと比較をし、どちらか気にいた方の商品を購入してくれるパターンがほとんどです。

そのため、新規ユーザーを追い求めるよりも、リピーターを増やす努力をした方が、商品を購入してくれる可能性ははるかに高まります。

新規コンテンツの追加

再度アクセスしてもらう仕組みを作るにはどのようにすればいいのでしょうか?

まずは、新規コンテンツの追加していくことです。

何度もアクセスしたくなるコンテンツを用意することで、ユーザーは、新しいコンテンツを見るために、再訪問してくれるようになります。

ニュースサイトやコミュニケーションサイトが、見たくなるのも、このような新しいコンテンツが随時更新されているので、また見たくなります。

ニュースサイトやコミュニケーションサイトは、これでリピートアクセスを稼いでいます。

しかし「何度もアクセスしたくなる」ようなコンテンツを用意するのは、難しものです。

そこで利用するのがメルマガです。

メルマガでリピート集客

お客様がこなくなる一番の理由は、オーナーがお客様のことを忘れてしまうからです。

私はあなたの事を覚えていますよ!というメッセージがメルマガです。

新規アクセス時に登録してもらったアドレスや、商品を購入してくれた方のアドレスに対して、定期的にメルマガを発行し、ホームページへ誘導します。

先ほどもお話したように、多くの人は一度訪れたホームページを二度と訪れません。

その理由は、そのホームページのアドレスを覚えていないからです。

そこで、「ホームページアドレスを覚えていないなら、こちらからそのホームページアドレスを教えてあげることです。

たったこれだけで忘れられない対策で、簡単に売上げが伸びていきます。

顧客管理、分析

一度訪問してくれたユーザーの分析も必要です。

世代や性別はもちろん、訪問したページ、回遊したページなどの分析をすることで、どのようなユーザーがどのようなことに興味を持っているかがわかるようになります。

顧客管理、分析をすることで、そのターゲットに向けたアプローチが可能になってきます。

広告やメルマガの配信日時などが明確になり、リピーターへのアプローチ効果が変わってきます。

また、その後の対応も明確になります。

「分析」「検証」「計画」「行動」を繰り返すことで、リピート集客が可能になっていきます。

ホームページでの顧客管理、分析はアクセス解析ツールを導入することで可能になります。

リピーターを増やすことこそが、売上を安定させる最短距離です。

ぜひ参考にしてみてください。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料