コンテクストマーケティング。ほしいと思うタイミング、物を買うタイミング、それが一番大事

重要なのは、コンテクストマーケティング

あなたが今、ほしいものは何ですか?

突然の質問ですが、何か物がほしいと思う時や、物を買うタイミングってあると思いませんか?

人は、いつも何かがほしいわけではなく、何かのタイミングや状況によって、ほしいものが変わったり、購入したりと言動が変わったりするものです。

商売をするのにあたり、この人の行動を理解することはとても重要なことです。

顧客の置かれている立場や背景を理解し、それに合わせた商品やサービスを提案することができれば、売り上げアップにつながっていきます。

マーケティング用語では、このような手法を「コンテクストマーケティング」といいます。

それでは、今回は、「コンテクストマーケティング」についてご紹介しましょう。

コンテクストマーケティングとは

コンテクストマーケティングとは、顧客が置かれている状況に適応したマーケティングを行う手法のことです。

コンテクストを日本語に訳すと

文脈
脈絡
状況
前後関係
背景

などです。

顧客の状況を理解し、その商品を欲しがるタイミングで、すかさず商品の提案できれば売れ行きは伸びるということです。

顧客の置かれた日時、場所、行動などの状況を把握し、特定のニーズが生じた時点を捉えることで、効率的にマーケティングを行うことが大切です。

コンテクストマーケティングのわかりやすい例題

12月になり、冬の到来ですが、2015年12月11日、季節外れの大雨と暖かさをもたらした低気圧の影響で、東京では、12月として記録的な気温になりました。

なんと12月で、24度。

12月では考えられない気温の中、あるお店では、かき氷を提供したところ、すごい売れ行きを見せたようです。

もう、おわかりのように、これこそが「コンテクストマーケティング」です。

通常12月では、かき氷は、売れるものではありませんが、異常気象により、もたらした気温の上昇に目をつけ、顧客の言動とタイミングを理解したお店が、すかさず、かき氷を提供したことが売り上げアップに至っています。

インターネットの世界では、Googleのアドワース広告(リスティング広告)などが、「コンテクストマーケティング」の一例です。

サイトの運営者がサイトに広告枠を貼ると、そのサイト文脈を読み取り閲覧している人が興味を示しそうな広告を表示します。

これも「コンテクストマーケティング」です。

また、アマゾンによくある、あなたにお勧めな本を紹介するシステムも「コンテクストマーケティング」の類に入ります。

このように、顧客の前後関係や状況に合致したモノを提案することができれば、売り上げアップにつながっていきます。

これが、「コンテクストマーケティング」の特徴です。

コンテンツマーケティングにおけるコンテクストを考える

それでは、Webサイトにおける「コンテクストマーケティング」について考えてみましょう。

「コンテクストマーケティング」は、今話題の「コンテンツマーケティング」に応用することで効果が倍増します。

以前の記事でもコンテンツマーケティングについて、いろいろと掲載をしておりますが、コンテンツマーケティングにおいて、重要なことは、コンテンツの量産ではなく、顧客を理解した、良質なコンテンツの提供です。

しかし、良質なコンテンツの提供は、もうすでに、たくさんの人が行っていて、それほど大差がなくなってきているのも現実です。

これでは、ターゲットに対して、うまく訴求できない可能性が出てきます。

そんなときに、コンテクストをうまく活用することで、ターゲットに対して、あなたのメッセージ訴求することができるようになります。

コンテンツを作成する場合の文脈観点での設計や配信のタイミングなどです。

顧客や消費者がどのような考えを持ち、何を重要だと思っているかを認識をし、また、配信のタイミングを考えることが重要になってきます。

コンテンツとコンテキストの融合

このコラボが、売り上げアップにつながる強力なツールになっていきます。

コンテキストという概念は、Webサイト集客において、今後、重要性がどんどん増してきます。

ターゲットは誰
ターゲット地はどこ
ターゲットの悩みは
ターゲットは何が知りたいか
ターゲットは何を解決したいか
ターゲットはどういう状態か

など、顧客の言動を理解し、あなたのWebサイトのコンテンツがコンテキスト最適化されているか、今一度、チェックしてみてはいかがでしょうか。

今後の参考になれば幸いです。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。

また、真剣にホームページで顧客集客したい中小企業の経営者を応援します。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料