ランチェスター戦略でホームページ集客。Webマーケティングも必要な時代

顧客集客をするために

ホームページが主流になってきた2000年初頭に比べ、ホームページで集客するのが難しくなってきています。

それは、昔に比べホームページで集客する企業が増え、競合他社が増加しているのが原因です。

ホームページを制作しただけで顧客集客ができる時代が終わり、ウェブ業界でもマーケティングが必要な時代になってきています。

では、ホームページで顧客集客をするためにどのようなことをすればいいのか?

そのWebマーケティングの一つに「ランチェスター戦略」というものがあります。

今回は、「ランチェスター戦略」についてご紹介します。

ランチェスター戦略とは

中小企業の経営者であれば「ランチェスター戦略」という言葉を聞いたことがある方が多いかもしれません。

ランチェスター戦略とは、世界でもっとも広く利用されている戦略の1つで、弱者が強者に勝つための戦い方(戦略)になります。

大手企業が行っている施策をそのまま、中小企業に応用しても勝ち目がないため、中小企業は中小企業なりの戦略が必要となってきます。

ランチェスター戦略において「弱者」の基本戦略は次のものがあります。

局地戦で戦う・・・勝てる場面を探すか、勝てる場面を作る
一騎打ちで戦う
接近戦で戦う
一点集中

など。

このランチェスター戦略をウェブに例えて戦略を立てると、局地戦で戦うことが重要かもしれません。

局地戦で戦うということは、狭い分野で戦い、まずは、1番になることです。

どんなに狭い分野で戦っていても1番になるということで、営業効率がアップし利益率が高まると言われています。

「○○と言えば○○会社」

という認識がユーザーの中に生まれるからです。

SEO対策に例えると

「webコンサルティング」

と言おう大きな舞台で戦っても大手には勝てません。

そこで分野を絞り、

「格安 webコンサルティング」
「地域 webコンサルティング」
「地域 格安 webコンサルティング」

など得意分野や地域を絞り、上位を目指す方法です。

顧客の背中を押す

特定の分野で1番になることで、訪問者が他社と比べ迷った時に、最終的な決め手の材料になることがあります。

「○○で1番の○○会社なら無難だろ」という考えが生まれ、成約に結びつく確率が増えていきます。

また、訪問者からしてみれば、特定の分野で1番になっていることで、専門性が高まり、大きな会社に見えてくるものです。

特定の分野でのSEO対策

特定の分野でSEO対策をするためには、ターゲットを絞る必要があります。

ターゲットを絞り、より具体的なキーワードの選択が重要になってきます。

例えば、

商品名
加工方法
材料
業界
地域

などでセグメントし、ターゲットを定める方法です。

また、アクセス解析を取り入れることで、訪問者がどのようなキーワードで検索しているかがわかるようになります。

そのキーワードをもとに、新たなコンテンツ制作に役立っていきます。

Webマーケティングの場合、通常のマーケティングとは違い、アクセス解析ツールなどで、需要と供給の具体的な数値を調べることができ、それをもとに修正、改善、施策が簡単にできることです。

これにより失敗の確率も少なくなります。

ランチェスター戦略のように自分が攻める市場をうまくセグメントし、ホームページの改善を繰り返して狭い分野で1位を目指してください。

その専門性が更にその会社の競争優位を高めていきます。

Webマーケティング戦略をランチェスター戦略と見比べてみることで、今後行うべき施策が見えてくるのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料