広告効果は、ROAS(広告費用対効果)を計算する

投資した金額に対してどれだけの売上があがるか?

前回は投資した資本がどれだけの利益を生んでいるのかを測る指標「ROI(投資利益率)」についてご紹介しましたが、今回は、広告費用に対して「何%の売上が回収できたか」を測る指標「ROAS(広告費用対効果)」についてご紹介します。

この「ROAS(広告費用対効果)」も「ROI(投資利益率)」と同じく、リスティング広告を掲載した時には、とても重要な指標なので是非、活用してみてください。

それでは、「ROAS(広告費用対効果)」についてご紹介します。

ROAS(広告費用対効果)とは?

ROASとは「Return On Advertising Spend」の略で、広告費用に対して「何%の売上が回収できたか」を測る指標です。

計算式はとても簡単。

ROAS(%)=売上 ÷ 広告費 × 100

例えば、

売上20万に対し発生した広告費が2万円だった場合、

100,000÷20,000×100=1,000

となり、広告費に対し1,000%(10倍)の売上を獲得できたということになります。

(1円の広告費に対して10円の売上)

売上30万に対し発生した広告費が5万円だった場合、

300,000÷50,000×100=600

となり、広告費に対し600%(6倍)の売上を獲得できたということになります。

(1円の広告費に対して6円の売上)

2つを比べてみると、後者のほうが売上30万でよいように思えますが、実は、前者の広告費が2万円だったほうが宣伝効果があり、広告効果があったという事になります。

ROAS(広告費用対効果)と「ROI(投資利益率)」を算出

このようにROAS(広告費用対効果)は、売上に対して指標であり、前回ご紹介した「ROI(投資利益率)」が、利益に対して指標です。

広告運用の基本ですが、売上額と同時に利益率もチェックし、投資に見合った効果が出ているかどうかを常に確認し、改善施策を考えるか、打ち切るかを判断できるようにするのがお勧めです。

例えば、単価1,000円の商材を100個販売し、それにかかった広告費用が50,000円だった場合、

ROAS=100,000÷50,000×100=200

で、広告費1円につき2円の売上が回収できたことになりますが、ROIを算出してみると、

ROI=(100×1000-50,000)÷50,000×100=100

となり、広告費1円に対して1円の利益しか出ていないことになります。

売上だけ見ると広告費用対効果があったように見えますが、実際の利益に対しての投資はあまり良くないとわかります。

ROAS(広告費用対効果)と「ROI(投資利益率)」を算出に上手に広告費用を考えてみてください。

Mousaiは、資格をもった上級ウェブ解析士が、培ったスキルとノウハウで、あなたの会社のホームページの問題点を見つけ出し、あなたと一緒に改善・実行し、最強の営業マンに育て上げます。


このようなご要望にお応えします
全国対応ご相談無料